カテゴリ:2歳~( 16 )

小さな二人の大きな挑戦

近頃定番の「電車の見える公園」もマンネリになってきたので、今日は海岸沿いにある
公園まで出かけました。
その大きな目的はこれ。
c0138201_14141511.jpg

この、ながーいすべり台に挑戦するため。
このすべり台を滑るには まず大きな難関が。そう、ながーい階段を登りきらなくては。
いつもはちょっとした階段でも甘えた声をだして抱っこを要求する二人。
でも今日は様子が違っていました。
一度も抱っこを要求することなく、果敢に頂上めざして階段を登っていきます。
c0138201_1418564.jpg




8割がた登ってきたところ。
もうちょっとだよ。
がんばれ!








c0138201_14211325.jpg

なんと二人とも一度も弱音を吐くことなく、自分の足で登りきりました。
頂上に着くと絶景のご褒美が。
「おかあさん、海みえるねー!」とアオイ。
ユウキは更に高いところから景色を見ようと、いすによじ登ろうとしています。

c0138201_14301776.jpg



さあ、今度はすべり台だね。
前回の日記で書いたように、ユウキは私が
手を繋ぐか膝に抱っこしないと滑れたことが
ありません。
しかも、こんなに傾斜があるすべり台は
初めて。
でも今日はなんだか様子が違う。
やる気まんまん。





c0138201_1432138.jpg

「ゆうくん、おかあさんの膝に乗る?」と、言いかけた時には既に滑り出していました。
慌てたのは私。どうしちゃったんだユウキ。
急いで二人に追いつこうと滑り出した途端、帽子が風で飛ばされてしまった。
後ろを振り返ると5メートルくらい後ろに落ちていた。
必死でローラーに抵抗しながらよじ登って帽子をキャッチ。ふぅ~ やれやれ。。。
と思ったら、「おかあさん、助けて~!」というアオイの必死の叫び声が!
上の写真、二人とも私の方を振り返っていますよね。
このあと二人して うつ伏せになってしまったのです。
急いで滑っていくと、アオイは恐怖で必死にローラーにツメを立てて滑らないように
ふんばっていました。 もう涙と鼻水でぐちょぐちょになりながら。
ユウキはアオイの頭を踏み台にしながら、必死に体勢を整えようとしていました。
どんなにアオイに「そのままうつ伏せでいいから下まで滑ってごらん。」と説得しても
「こわいの~!」と言ってローラーにしがみついたまま動かない。
このまま降りられなかったらどうしよう。困った、どうしよう。。。と思っていたところ
ついにアオイが力尽きて、スーッと滑って行ってくれた。
あー 良かった。周りに誰もいないし、親子三人すべり台の途中で止まったっきり
どうしようかと思ったよ。
大袈裟だけど、無事帰ってくることができて良かった。
もう こりごりかと思ったら、下に着いたらすぐ「また やりたい!」ですって。
自分でやり遂げたことが相当うれしかったんだね。

c0138201_14521886.jpg


「おかあさん、ほら!」
と言って、アオイが落ち葉をサクサク踏みながらダンス。
秋の音がするね。




大きな挑戦をやり遂げて、今二人は満足げな表情でお昼寝中。
起きてきたら、カルピスで乾杯しようね。
[PR]
by futagomom75 | 2008-09-10 15:03 | 2歳~

運動神経って...。

1歳6ヶ月の頃、まだあんよ出来なくて周囲を心配させた二人。
そういえばハイハイもしなかったし、おすわりが安定するのもかなり遅かった。
寝返りを初めてしたのだって1歳近くになってから。
運動面において、かなりのスローペースだった。

1歳7ヶ月でようやくあんよを始めて以来、毎日のお散歩で足腰を鍛えてきた二人。
ここにきて めきめきと運動能力がアップしてきているのを感じる。
ちょっと前まで怖がって自ら登ろうともしなかった すべり台の階段も、ひょいひょいと
軽やかに登ってしまう。

特にアオイは怖いもの知らずで、階段の手すりを片手離しで素早く駆け登っていく
ので 見ていてこちらがヒヤヒヤ。
「ちゃんと つかまって!」という私の声などきっと聞こえていないんだろう。
もう楽しくて仕方がないと言った感じで、何度も何度も登ったり滑ったりを一人で
楽しむ。 途中、「おかあさーん、自分でできたよー!」と何度も叫びながら。

一方、ユウキ。
階段を登るところまではスローながら何とかOK。
でも、てっぺんに着くと文字通り「腰抜け」。
座り込んだきり滑れないし、かといって階段も降りられない。
低めのすべり台なら私が手を繋いであげて 何とか滑って降りられるけど、ちょっと
高いのだと まるでだめ。
他の子供に「どいて!」とか「はやくぅ!」と叱られる始末。
ん~、男として情けないんでないかい?
母自らユウキに怖くないことを分からせるために 張り切って滑って見せるが
ケラケラ笑って見てるだけだしさ。
母さんもお尻が痛くなってきた。

運動神経の良し悪しって どれくらいで決まってくるんだろ。
このままだと かなりまずいぞ。
女の子の運動オンチはまだ可愛いけれど、男の子はなんかカッコ悪いし。
どうしたら良いものやら。
母の悩みは尽きません。(>_<)


               ユウキ、うらやましそうに見ている場合?
c0138201_157304.jpg

c0138201_1575320.jpgc0138201_158893.jpg
[PR]
by futagomom75 | 2008-09-08 15:16 | 2歳~

アオイ語録 Ⅱ

最近のアオイのおもしろ会話です。

 その1 「兄妹逆転」 
ユウキとアオイが本を見ていた時のこと。
アオイが犬がのっているページを指して、
「ゆうくん、これ何かわかる? わんわん って言ってごらん。」
ユウキ:「・・・・。」
アオイ :「じゃーあー、いーぬ って言ってごらん。」
ユウキ:「アポーッ!」←appleの発音で。
アオイ :「ゆうくん、アポーだって。かわいいね。赤ちゃんみたい。」
ユウキ:「アポーッ! アポーッ! アポーッ!」←カワイイと言われて嬉しい雄叫び。

 その2 「父、驚愕」
夫のことを「とーと」と呼んでいたアオイが、最近「おとうさん」と言うようになった。
夫:「おとうさんって呼んでくれるの? (冗談っぽく)パパでもいいよ。」
アオイ:「(首を振りながら)ううん。おとうさんって呼ばせて。」
夫:Σ(゚∀゚*)
あまりにも大人っぽい口調に、驚愕の父でしたとさ。

 *・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*

こんなアオイですが、このところ「ありがとう」ブームで、大人たちを癒してくれています。
何でもないちょっとしたことで「ありがとう!」と言ってくれるんです。
食卓につかせるときも、いすに座らせると「ありがとう。」
エプロンをつけてあげると「ありがとう。」
食事をだしてあげると「ありがとう。」
お茶をいれてあげると「ありがとう。」
途中、口をふいてあげると「ありがとう。」

他にも乱れた前髪を直してあげたり、靴を履かせたり、絵本をとってあげたり...いろんな
場面で「ありがとう。」を連発してくれます。
ああ、気持ちいい!
相変わらず「いやいや」ばかりで手をやくことが多いアオイですが、この「ありがとう。」で
そんなイライラも一瞬で吹き飛びます。
あの純粋な瞳で言われると、自分の中の毒素が排出されていくような感じすらします。
人間、ずーっとこんな素直な心でいられたら幸せだな。 素敵だな。
「いいえ。うちの子に生まれてきてくれて こちらこそ ありがとう。
                   大切なことに 気づかせてくれて ありがとうね。」



c0138201_14375630.jpg公園で私が「アオイちゃーん! おいでー。」と呼んだら
ユウキが続けて、「あーいじゃー!」って言ったよ。
これって「アオイちゃん」って呼んでるつもり?
ユウキ、しゃべった? しゃべったよね。
「ゆうくん、もう一回いっしょに呼ぼう。」って言ったら
「じゃー! じゃー!・・・」って。
肝心の名前の部分が抜けてるよ。。。
ユウキが最初に言えた言葉がアオイの名前だよって
大きくなってから教えてあげたらアオイ、喜ぶだろうな。
明日また「アオイちゃーん」の練習しようね。
[PR]
by futagomom75 | 2008-08-26 14:20 | 2歳~

電車ブーム到来!

乗用車→大型トラック→重機→数字と変化してきたユウキのマイブーム。
ここにきて、電車ブーム到来!

ほぼ毎日「出勤」している近所の公園は、真横が東海道線の線路。
毎日見ていてもさほど興味がある様でもなかったのに、今月に入ってからものすごい
興味を示すようになってきた。
毎日、公園を引き上げるのに一苦労。帰りたくなくて座り込むし。(-_-;)
それもこだわりがあって、ただ単に走っている電車では物足りない。
踏み切りを通過する電車に最も興奮する。
どうやらあの、「かんかんかん・・・」ってのが好きらしい。

先週本屋さんで「トミカ」の電車特集をユウキに見せてみた。
最初は くいつくもののすぐ飽きる。「かんかんかん」がのってないからかな。
他にも電車関連の絵本など見せてみたけど反応がイマイチ。
で、今度は違う本屋さんに行ってみた。
ユウキが喜びそうな本はないかな...と探していたところ、すごくいい本を発見!

c0138201_1338018.jpg

この絵本、全ページが踏み切りを通過する電車の絵!
文章も単純でユウキにも理解できそう。
おまけに貨物列車の貨車の数を数える場面もあって、ちょっと前まで数字ブーム
だったユウキはその数字にも大興奮。
まさに今のユウキのための本だよ~! あぁ、運命の出会い...って大袈裟か。
もちろんユウキ、この本が たいそうお気に入り。
いつでもどこへでも持ち歩いています。

c0138201_1345738.jpg
寝かしつけて、午後の部の洗濯物を干しに
行って戻ったら、また敷布団の下に潜ってら。
床が冷たくて気持ちいいんだろうけどねぇ。
すっごい汗。 いつもこうだよ。
その手にはお昼寝前に読み聞かせしてあげた
この本が、しっかりと握られていました。
カワイイやつだのぅ。


c0138201_13514225.jpg
2歳の誕生日プレゼントのブロックも、電車みたいに長く繋げて遊ぶのが
好き。
カエル(のつもり)を乗せるのがお気に入り。
[PR]
by futagomom75 | 2008-08-23 14:01 | 2歳~

海と 原子力館と...

今日は子供達に海を見せてあげたくて、御前崎周辺の海岸ドライブに出かけました。

c0138201_21133880.jpgまず立ち寄ったのがこちら。
浜岡原子力館
涼しくて、入場無料!ということもあって大人気。

うちの子供達にはまだ早いかな~ 
なんて思っていましたが、ちゃーんと
小さい子も楽しめるコーナーがあり、
子供達も大満足。

特にユウキはうれしくてうれしくて はしゃぎまくりでした。
見失わないようにするのが大変で...(>_<)
c0138201_2120799.jpgc0138201_21202641.jpg








c0138201_21214842.jpg


発電所のお仕事ごっこ。

かっこいいでしょ。 でもね、
う~ん、ボタンに手が届かないじょぉ~!




            
               最上階の展望台からは海が臨めます。
c0138201_21252870.jpg

今回は、まだ無理かな?と諦めてしまったシアター。
次はシアターで映画も楽しみたいな。
これだけ楽しめて無料なんて、あぁ すばらしい~!


原子力館を後にして次は海岸道路を海を見ながらドライブ。
青い空、青い海、白い雲、白い波しぶき...これぞ夏っ!
子供達も、ほとんど初めて見る海に目を奪われていました。
ユウキは海を指差して、「あーあー!」
アオイは、「わーい、海だー。大きいねー。どこまでつづいているのかなぁ。」
      ↑これ、今二人がはまっている絵本、「うみ だーいすき」(いもとようこさんの子ねこちゃんシリーズ)
                                  にでてくるセリフのマネです。


そして、海産物などのおみやげ屋さん、「なぶら市場」に到着。
こちらでは以前から気になっていた「シラス アイス」に舌鼓。
これ、バニラアイスにシラスが入ってるの。
(さかな臭くない?)ってちょっと心配だったけど、まったく魚臭はなし。
ほんのり塩味で、シラスのプチプチした舌触りが新食感なアイスでした。
うん、これはリピ決定でしょう!

さあて、とーとの夏休みは残すところあと2日。
明日はどこに行こうか。
[PR]
by futagomom75 | 2008-08-17 21:29 | 2歳~

美術館デビュー

ユウキとアオイ、本日 美術館デビューしてきました。

soritantさんのブログで、絵本原画展の紹介がされていて、美術館、涼しいし 
いいんじゃない。 原画、みてみたいし...ということで。

c0138201_2146786.jpg

(二人ともおとなしくしててくれるかな~)...という不安もありましたが、行ってみない事
にはわからんし。と、勇気をふりしぼって入館。

ハハハ...嫌な予感 的中。(>_<)
いきなり走り出して止まらないユウキ。
原画展の会場でも、抱っこを力ずくで振り切って逃走。そして大声で叫ぶ。
彼にはまだこういう場所は早すぎたようです。(-_-;)

アオイは絵に興味津々。
お得意の「これは なあに?」の嵐。
特に惹きつけられていたのが「カニ ツンツン」。
絵を見るなり「もこもこ みたいだねえ。」だって。
ピンポーン! これ、「もこもこもこ」と同じ、元永定正さんの作品。よくわかったなぁ。
そして、一枚一枚、「これは なあに?」 これには参った。 
「何かなぁ。お母さんもわかんない。何に見える?」と言ったら今度は、
「お母さんわかんないの。 お母さんわかんないの。 お母さんわかんないの。…」
と、恐怖のオウム返し連続攻撃! また声が響くんだな、これが。

こんな調子でじっくり見ることは出来ませんでしたが、アオイには良い刺激になった
ようです。
原画で見ると、製本されたものより 絵に温かみを感じました。
製本されたものはツルツルした紙のものがほとんどで、紙や筆のタッチが細部まで
伝わりづらいんでしょうね。

もう少し大人しく見られるようになったら、美術館通いしたいな。
私も夫も美術館が好きで、子供がいない時は よく静岡県立美術館に行ったものです。
ロダン館でボーッとするのが好きだったな。
そして帰りには決まって美術館の近くの「森や」さんっていう甘味処に寄って、
炭焼きコーヒーにクリームあんみつに手打ちパスタに...と、食べたいものを
片っ端からオーダーして。 あぁ、至福のとき。
(美術館でなくて、こっちが実はメインだったりして。。。)
次は子供達も一緒に。。。なんて冗談半分でいつも話していたけれど、近い将来
実現できそうだね。 楽しみ!
森やさんのあんこ、すごくおいしいの。あー食べたい!

話がそれましたが、あまりにも「カニ ツンツン」がお気に召したようなので買ってき
ました。
それと 他にも2冊。
渦巻きの方はユウキが気に入ったので。焼き芋は私好み。(^^ゞ
c0138201_22295015.jpg



ついでに先日借りてきた本の記録を。。。
c0138201_22304975.jpg

今回は くじけて私一人で
図書館に行って借りてき
ました。

いつまで続くかな?
う~ん、頑張る!
[PR]
by futagomom75 | 2008-08-16 22:25 | 2歳~

こどもといっしょに どこ行こう

毎日暑い!暑すぎる。
子供連れで、涼しくてお金がかからないで楽しめるところはないかな...ということで
浜松市内の二つの施設に行ってきました。

まずは航空自衛隊の見学コース。入場無料です。

                   飛行機がいっぱいだー!
c0138201_21162880.jpg

c0138201_2118928.jpgc0138201_21182556.jpg








我が家の上空は、こちらの自衛隊機の練習コースになっているようで、毎日たくさんの
飛行機が「ゴオーッ」という大きな音を響かせて行きかっています。
下から見ると豆粒みたいな飛行機。近くで見るとこんなに大きいんだね。
アオイはブルーインパルスの操縦席でご満悦。ユウキは搭乗をかたくなに拒否。
でも指をくわえて うらやましそう。 なんて小心者なんだ。。。

c0138201_21254627.jpg

売店にあった「撃まんじゅう」。
トリビアの泉で、「自衛隊でしか買えないお饅頭がある」で
68へえ獲得したそう。
お土産に。






次は「うなぎパイ ファクトリー」へ。 こちらも無料。

c0138201_21312183.jpg
しかも、入場のときにこんなお土産までいただけるん
です。
我が家は4人家族なので4個いただきました。
チビたちのも もらえるの!
うなぎパイ、大好き。 うれしい♪


うなぎパイって、今でも生地をこねるところから職人さんの手作業なんです。
知らなかった。 機械かと思ってたよ。
こちらでは、うなぎパイが出来上がる工程をミニシアターで見られます。
工場もガラス張りになっていて見学できます。
うなぎパイを使ったデザートが食べられるレストランもあります。
c0138201_21381514.jpg



大きいうなぎパイの前で記念撮影。





c0138201_21395996.jpg


手すりの金具が「うなぎ」。
カワイイ。^^




どちらも涼しくて、無料で楽しめて、得した気分でした~。



☆おまけ☆

c0138201_21461613.jpg子供達のくつが小さくなってきたので、帰りに買ってきました。
この間買い換えてからまだ3ヶ月ちょいなのに、もう
小さいなんて...。

歩く機会が増えてきたので、今度はちょびっとだけ いいやつを。
ユウキ・・・14cm、アオイ・・・13.5cmを購入。
[PR]
by futagomom75 | 2008-08-11 21:29 | 2歳~

アオイ語録

一昨日2歳1ヶ月になり、おもしろ言葉 炸裂のアオイ。
忘れないうちに。。。"φ(・ェ・o)~メモメモ

その1
 今日「いないいないばあ」で、わんわんが馬としっぽ比べをしているのを見て、自分の
 お尻を触りながら、
 「あーいちゃん、しっぽないねー。」
 母から一言: よく気づいたね~。えらいよ!(*^ー゚)b

その2
 お風呂でシャンプー中、母がいたずらして髪の毛をピーンと角のように立てて
 「ほら、鬼さんだ。鏡見てごらん。」と言った時のこと。
 「いやー!! 自分が..自分がこわいのー。」
 母から一言: 何かのドラマで聞いたようなセリフだね。

その3
 お風呂で体を洗っているときアオイの足に虫刺されのあとを3箇所も発見。
 「いつ刺されたの?」と聞いたところ、
 「さんねんまえ。」
 母から一言: あなた、3年前は影も形もなかったでしょう!

その4
 お昼寝をするのをいつも嫌がって、毎日ぐずるアオイ。
 「ゆうくんは お利口さんでねんねしたよ。」と言ったら、
 「お馬鹿さんでいいの!」
 母から一言: そうきたか。開き直るにはあなた、若すぎるって!

その5
 トイレトレを始めて以来、一番の関心事が「トイレ」のアオイとユウキ。
 私がトイレに入ると必ず二人でついてきて、一部始終を見守っている。
 便座に腰掛けると、「お母さん、おしっこ 出るといいねぇ。」 
 ちょろちょろ...と例の音が聞こえると
 「やったー!おしっこ出たねー お母さん。 やったー やったねー!
 ばんざーい!」
と、二人でぴょんぴょん。
 母から一言: お母さん、大人ですから。お家では構わないけど、出来たら外出先ではカンベンしてください。
 この間は恥ずかしかったよ。。。



☆今日のヒトコマ☆
c0138201_14303690.jpg

今年は我が家の畑のすいかが豊作です。
猛暑のおかげ?で皮の際まで あまーい。
毎日、食べ放題!

ユウキの食べ方、「志村けんかよ!」と
つっこみたくなります。
べちょべちょ。。。
[PR]
by futagomom75 | 2008-08-07 21:57 | 2歳~

数字 大好き

ユウキが数字に興味を持ち始めたのはいつだったろう...と、このブログを読み返して
みた。
1歳7ヶ月の頃からのようだ。
1歳8ヶ月の終わりごろには、数字の形と読み方が一致するようになり、「3はどれ?」
などと聞くと、指をさすようになった。
そして、クリスマスプレゼントに買ってあげた「ひらがな積み木」から、片付けても片付けて
も数字の積み木ばかり取り出しては、「あー、あー、うー...」などと、まるで数を読み上げ
ているような声を出しながら、横一列にキレイに並べて遊ぶのがお気に入り。
2歳0ヶ月の今でも、ブームは去るどころか 他のおもちゃで遊んでいても、すぐにこの
積み木に戻ってくる。
c0138201_14213137.jpg

今では家にあった ちょうどいい大きさの
バスケットに大事に入れて、いつでも
どこへでも持ち歩いている。
数字の積み木さえあればいつもこの笑顔。

そして2歳の誕生日のころから、ついに
1から10まで順番を完璧に覚えた。

   左から並べたり...                 右から並べたり。
c0138201_14253475.jpgc0138201_14255189.jpg









よく飽きないな...と思うくらい、こんなことばっかりしている。
だから積み木は、数字のばかりいい感じに つやつや。
このこだわりは何なんだろう。
お話が出来るようになったら、ぜひユウキに数字の魅力を聞いてみたい。

一方アオイは、口だけは達者なので、「いーち、にーい...」と10まで読み上げることは
できる。きっと、歌を歌うのと同じ感覚でリズムで覚えてるんだろう。
でも、いつも「6」がとぶ。
読み上げは出来ても、数字のどれが「さん」で、どれが「はち」なのかは知らない。
だからいつもユウキが数字積み木を並べだすと、それが出来ないアオイは嫉妬して
ぐちゃぐちゃにして意地悪する。
まだ会話の出来ないユウキも、家族とアオイが普通に会話しているだけで嫉妬して
すねたり、物を投げて暴れる。

それぞれの得意分野を褒めて伸ばしてあげたいけれど、相手の前で褒めると嫉妬
するし。難しいねぇ。


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*

今日のプププ
[PR]
by futagomom75 | 2008-08-01 14:29 | 2歳~

おさかなさん こんにちは!

連日、暑い日が続いています。
どこか近場で涼しそうな所ってないかな...ってことで、浜名湖体験学習施設ウォット
という所に行ってきました。
ここでは浜名湖周辺に棲む生き物たちを、上流の都田川から遠州灘まで順を追って
紹介されています。

「涼」を求めて来たはずが。。。
c0138201_2042245.jpg

うひょ~!
すんごい人、人、人...
暑いっちゅーの!








二人とも初めて間近で見る「生きてる魚」に興味津々。食い入るように見ていました。
c0138201_20471845.jpgc0138201_20473514.jpg








小さな水族館ですが、結構見ごたえがありました。
大人300円、高校生以下は無料で楽しめるなんて お得!


             
            子供たちよ、しっかりその目に焼き付けるが良い。
c0138201_2054631.jpg

c0138201_20574289.jpg

c0138201_2111252.jpg








        うわーーー!











c0138201_2131742.jpg



ヒトデ、ウニ、なまこ、やどかり、などと触れ合う
コーナーがありました。
いつも通りアオイは積極的。
ユウキは。。。やっぱり逃げ回っていました。








このほかに、ミニシアターの上映やゲームコーナーなどがあり、小さい子供を連れての
お出かけにはぴったりの施設でした。
ミニシアターでは、エビがスクリーンに大きく写った瞬間ユウキが大泣き。
それくらいで泣くなよ。。。
もう少し大きくなったら、また行ってみたいと思います。
[PR]
by futagomom75 | 2008-07-27 21:19 | 2歳~