カテゴリ:☆母のつぶやき( 5 )

お母さんの休息時間

今日は夫が子供達をお散歩に連れ出してくれました。
午前10時からお昼までの2時間。
こんな日中、本当に久しぶりの自分だけの時間。
本屋さんに出かけてきました。
子供達と一緒に行くと、目的の物だけ買ったらすぐ引き上げてくる というさびしさ。
自分の本なんて選ばせてもらえないから。
それで買ってきたのがこちら。
c0138201_1145025.jpg


やっぱり育児関連の本に目が行っちゃうね。

「種子たちの知恵」は以前から気になっていた本。
やっぱり私、植物が好き。突き詰めていろんなことが知りたくなっちゃう。

「うちの3姉妹」はとにかく可愛くて大好き。そして癒される。
毎日の暮らしの中で「おもしろいこと」を見逃さない3姉妹のお母さん。見習いたいです。

坂東さんは さぞかしお家でもきちっとされているかと思ったら、意外にもずぼらで
おっちょこちょいな方で、(金スマで拝見) その人間っぽさにホッとしました。

「センスのいい子の育て方」はイラストが好きな感じだったので思わず。。。
内容もわかりやすくて、1つの話題が2ページほどなので、空いた時間にさくさく
読めそうです。

さーて、どれから読もうか。。。
秋の夜長はお楽しみがいっぱい。ソーイングもしたいし...時間が足りない!
でも こんな毎日が大好き。


c0138201_1212349.jpg


アオイも読書の秋。
[PR]
by futagomom75 | 2008-09-13 12:02 | ☆母のつぶやき

祝!ブログ一周年

ブログを始めて今日でちょうど一年。
そして今日、ユウキとアオイは2歳2ヶ月になりました。

二人ともこの一年で、ぐーんと世界が広がり、たくさんのものを見て、感じて、吸収して、
驚くほどの成長ぶりを見せてくれました。
一年前は、まんまるころころの赤ちゃんだった顔つきも体つきも、今では随分スッキリ
して、すっかりKID'Sの仲間入り。
嬉しくもあり、寂しくもあり。。。な母です。

当時の二人のトレードマークで、ブログのタイトルでもある「うれしい・うれしい」のポーズ、
足首クルクル。
そういえば、最近アオイはすっかり見せてくれなくなったなぁ。もう卒業してしまったみたい。
ユウキは...何と 嬉しいことにいまだに健在でっす!
体は大きくなってもまだまだ赤ちゃんの名残があるユウキ。
さぁーて、いつまであの おもしろかわいいクルクルを見せてくれることでしょう。

この一年で私は...といえば、ブログを始めた当初は頭の中は子供達の事でいっぱい。
他の事なんて考える余裕すらなくて。
なんといっても初めての育児だもの。しかも男の子と女の子、いっぺんに!
でも人って慣れる生きものですね。
今じゃ趣味のハンドメイドに現実逃避する時間を確保できるまでに成長(?)しました。
これは私の成長というより、子供達の生活リズムが整ってきたことが大きいのですが。
(しっかし、そのために私も それはそれはがんばったのですのよん。)

まだまだ とまどいだらけの双子育児ですが、泣いたり、笑ったり、怒ったり、落ち込ん
だり、感動したり...な、今しかないこの日々を、これからも心のアンテナをグーンと高く
のばして、綴っていけたらいいな...と思います。

よろしければ 今後ともお付き合いいただけると嬉しいです。^^


 *・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*

今日のほっこり
[PR]
by futagomom75 | 2008-09-05 14:00 | ☆母のつぶやき

人の親になるということ

 風邪もだいぶ回復してきました。ユウキもすっかり良くなって一安心です。
 
 子供の風邪は、見ていて本当に可愛そう。ユウキは、眠くなったり寂しくなったりすると指しゃぶりをする癖があるので、鼻風邪だった今回は、指をしゃぶる度に呼吸困難→泣くの繰り返し。鼻で息ができないなら、指しゃぶらなきゃいいのに...って思うけど、1歳児には何で苦しいのか原因がわからない様子。鼻水をとってあげようとしても体をえびぞりにして抵抗。(´Д`;)/ あなた、まるで母が虐待でもしてるみたいじゃない?ってくらいの号泣。「母の心子知らず」です。
でも、拗れないですんで良かった。(*´ー`) ホッ

 今回、私としても母になって初めての風邪。子供がいない頃は、体調が悪ければ休んでいればよかったけど、1歳児の母としてはそうもしてられない。体がだるくて自分の事すら億劫なのに、子供のお世話はいつも通りこなさなければならないのは、本当にきつかった。
 思い返してみれば、子供の頃私の母も、どんなに体調が悪くても、家族の誰よりも朝早く起きて、朝食の準備をこなし、洗濯・掃除をかかさずしていた。子供の頃は、「お母さんだから当たり前」って感じで、それがすごい事だって気づかなかった。
けど、こうして自分も親になってみると、母が当たり前のようにしてくれていたことが、今更ながらいかに凄いことだったか、と改めてその偉大さに気づかされる。
 人の親になるっていうことは、きっと「自分より大切な存在を守っていく責任感」を身につけることなのかな...と思った今回の出来事でした。
[PR]
by futagomom75 | 2007-10-26 22:10 | ☆母のつぶやき

幸せのコウノトリ

c0138201_14265088.jpg
 この切り抜きは、2005年9月25日に掲載されたコウノトリ放鳥の新聞記事だ。
当時私は、4度目のIVFを決意し、ホルモン検査に踏みきったところだった。
 コウノトリは、赤ちゃんを運んできてくれるといわれる鳥。何となく捨ててしまうことが出来ず、朝・夕刊とも写真を切り取り、寝室の枕もとに置いていた。
 この日から丁度2ヵ月後の11月26日、双子の妊娠がわかった。さらにそれから2ヵ月後、この放鳥に立ち会われた秋篠宮紀子さまのご懐妊のニュースが報じられたのだ。
 こんな奇跡を、短い期間に2度も目の当たりにしてしまった以上、このコウノトリに特別な感情を抱かずにはいられず、妊娠中もずっと、ベッドに入るとき「心身ともに健康な赤ちゃんを運んできてください。」と祈り続けていた。
 願いが届いたのか、おかげさまで無事出産し、お役目を終えた後は引き出しにしまいこんで、この1年ちょっとすっかり忘れていた。(=´▽`)ゞ けれど先日、偶然この切抜きを見つけ、当時の思いがよみがえってきた。
 赤ちゃんを心から望んでいるのに叶わないという辛さは、言葉では表現し尽くせないほど深いもの。どんなに努力しても、どんなに医療が進歩したとしても、最後の最後は神様の領域。人間の力ではどうすることも出来ない。
そのなかで、一度に二人のこどもに恵まれたことは、本当に、本当に奇跡だと思う。

 こども達も、ますます自己主張が強くなってきて、育児の難しさを痛感する今日この頃。このタイミングでこの切抜きと再会できたのも、きっと意味があることなのだろう。

 「溺れる者は藁をも掴む」思いで、このコウノトリに願をかけていた頃の気持ちを忘れずに、感謝の気持ちを持ってこども達と接していきたい。
[PR]
by futagomom75 | 2007-10-17 15:01 | ☆母のつぶやき

お散歩しながら…ふと思う。

 この頃は、1日2回近所をベビーカーでお散歩するのがすっかり日課となっている。
子供たちも楽しみにしているようで、いつもお散歩する時間になると、アオイは「わんわん!」(犬を見に行こうよ!)と催促する。ご近所で飼っているワンちゃんたちに会えるのを楽しみにしているのだ。ユウキも玄関の近くまで行って、「早く連れて行け!」と言わんばかりに騒ぎ出す。
 子供が出来るまでは、マイカー通勤だし、ちょっとそこのコンビ二までって時も車。
犬も飼っていないし、近所を散歩するなんてことは皆無だった。
だからじっくりと道端の草花に目をやることも、ずっとご無沙汰だった。
 こうしてゆっくりと歩みを進めていると、季節の移り変わりをすごく身近に感じられて
新鮮な気分になる。そして、草花でよく遊んだ幼いころを思い出して懐かしい。
 今年の春には、約20年ぶりだろうか...ツクシを見つけてうれしくなってしまった。
タンポポの綿毛を息で飛ばして遊んだのも何年ぶりだろう。
オオイヌノフグリのブルーも好きだな。 
この頃では、えのころ草がゆらゆらと風にゆられていてとてもかわいらしい。
田んぼの稲もだいぶ黄金色に色づいてきた。秋だねぇ。
 本当に、四季の移り変わりの美しい日本に生まれてきて良かったな。
 こんな気持ちになれるのも子供たちのおかげ。ありがとね。

c0138201_22424318.jpg
お散歩の途中に3ヶ所公園があるけど
いつもだーれもいない。
「ワーイ!今日も貸切だ~!」って...
侘しい。(*´Д`)=3
少子化だねぇ~。
[PR]
by futagomom75 | 2007-09-29 11:57 | ☆母のつぶやき